よりみちカラスの雑記帳

Subnauticaプレイ日記中心

【Subnautica Below Zero】ヴェスパーでのトラブル&Enzyme42の探索

2020年3月時点での実装ストーリー部分までクリア!しました!

f:id:YorimitiKarasu:20200308163828j:plain
実は前回の探索中に、ヴェスパーから通信が入っておりました。
バグ防止に英語版にしているので、私の理解した範囲なのですが…、どうもヴェスパーで作っていたエンザイム42(星に存在しているバクテリア、「カラール」の抗体)の作成機械が壊れてしまっている、という通信です。
ロビンは「今、エンペラーにアクセスできるのは私だけね」といった回答をしたのですが……エンペラーがどこにいるのか、全くヒントがありません。
次に更新されたらヒントが出るようになりますよう!

 

エンペラーの子供の居場所

前作で卵から孵ったエンペラーの子供ですが、ビロウゼロの海にいることは以前確認しておりました。

www.yorimitikarasu.com
ただ、確かあのときは、パープルベント辺りにいたんです。
若干変わっているかもなぁ、と思いつつ、周囲を探索……していたら、妙に閑散としたエリアに。
そしてそこで会えました!

f:id:YorimitiKarasu:20200308163933j:plain
何が怖いって、この周囲、なにもないんです。
Voidの記憶が怖すぎて、なにもないところって長居したくないんですよね……(前作の「世界の端」は、それ以上深入りできないよう、ゴーストリヴァイアサンの巣になっていました)。

場所的には、ちょうどパープルベントリリパッドアイランド境界を、に向かって泳いでいくと、すぐに大きなくぼみのような場所に出ます。
そこから更に少しばかり、東に泳いだところです。
敵はいないし、曲が変わるので分かるかと……思いますが、妙な不安を煽ってくる場所でした。

まだ調整中のエリアなのかな。
でもエンペラーがいるので、できたらこの辺りで敵とか出て欲しくないなぁ……
なんとなく平和なエリアっていうイメージがあるので。

さて、彼は非常にフレンドリーに話し掛けてくれます。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164028j:plain
「遊びに来たの?」
「いいえ、ちょっとまずいことが起きたの。酵素が欲しいのよ」
「そう、それじゃまた今度遊んでね」
みたいな会話ののち、ぽぽぽ、と酵素を出してくれます。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164041j:plain

f:id:YorimitiKarasu:20200308164053j:plain
どうしてこんなに友好的なんだろう。
前作主人公と似たような恰好しているから?

アランともちょっとした会話がありました。
友好的な存在なのに、どうして酵素をとらずに閉じ込めたの、みたいな話だったかな。


酵素をヴェスパーに送ろうとすると、バリアが作動しロケットを破壊

酵素を入手すると、ロビンはヴェスパーに、すぐに送るね、と通信します。
島に戻ってロケットを作り、送付しようとしますが……なんか空に不穏な模様が。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164128j:plain
案の定というか、懐かしいというか、ロケットは空中で破壊されてしまいます。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164144j:plain
爆発の後、空にはくっきりと、プリカーサーのテクノロジーが。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164201j:plain
なるほど……今回、アランを分離することが最終到達かと思っていましたが、このバリアを解除するために遺跡を探索することになりそうですね。

検疫システムを作動させたのはジェフ?

なんで突然バリアが復活したんだろう?
と思っていると通信。

これはちょっとよく分かりませんでした。

どうやらジェフの仕業……のようなのですが、ジェフって先にヴェスパーに戻ったっけ?
まだ別のセクターにいるという認識でいました。

しかし彼の言う内容からすると、この星の素晴らしいアーキテクト……遺跡を維持するため、アルテラ妨害の目的で、ヴェスパーの抗体作成機械を破壊し、カラールをヴェスパー内に撒いた……らしいんです。

ということはジェフはヴェスパーに、一足先に戻った……のかな。
それとも、アランのような誰かがジェフにもいて、ロケットか何かでヴェスパーにカラールを届けたんだろうか。
それにしても、ヴェスパー内での機械を狂わせるというのはなかなか難しい気が。

ロビンはアランならこの検疫システムを止められるか、と問います。
勿論だ、と答えるアランは頼もしいですが、姉を助けたいロビンに対し、「君は私と出会ってからずっと、彼女に嘘をついてきただろう?」……信じていない相手を助ける必要があるのか、ということでしょうか。

会話の雰囲気としては、
「どうして検疫システムを解除する必要が?」
「冗談言ってるの?」
「ジェフは我々を守ろうとしている。彼はこちらの味方だ」
「どっちの味方だとかじゃなくって、大勢が死ぬのよ!」
「マウンテンファシリティ(どこ…?)の中からならシステムを止められる。しかしホワイトタブレット(マーガレットが持っていたやつ)が必要だ」
「アラン、姉のことがかかっているの。本当のことを教えてくれているよね?」
「君はずっと、姉に嘘をついてきたじゃないか?」
てな感じでしょうか。

ロビンは「私は姉を信じるべきだったと思う、そうしたらここまで混乱しなくて済んだのに」、といった内容を話していますが、うーーーーーん、どうでしょうね。
正直にアランが頭にいることを話したとしても、アルテラの実験台になるだけのような気がしますが。

f:id:YorimitiKarasu:20200308164359j:plain
いずれにせよ、安定板で公開されているストーリーはここまで
次の更新の準備もされているようなので、また楽しみにしています!